FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二回座談会

2016年11月3日文化の日に、14時から16時までの2時間新宿にて第2回座談会を行いました。

参加者は最近ドライオーガズムについて知ったという初心者のAさん、そして前からドライオーガズムについて知っているけども、だま達成していない中級者のBさんの2名です。

まずは簡単に自己紹介などを行った上で、初心者の方がいらっしゃることが分かったので、まずはえねだるまからドライオーガズムについての簡単な説明をしました。

以前、ロフトプラスワンで行ったシンポジウムと同様の内容ですが、今回は参加人数も控えめなので、説明の途中で聞きたいところがあれば聞いていただく双方向性型の形で進行しました。

脱線しながら20分から30分程度でしょうか、一通り説明をして「ドライオーガズム」を共通認識として確立した上でフリートークの開始です。

我々はこのフリートークを重視しています、双方向であるがゆえ、我々の知らない新しいことを知ることできるからです。ある程度ご自身で研究されている方は当然のこと、全く初心者の方であっても、我々が知識を持っているが故気付くことが出来ない視点に気付かされることがあるからです。

今回話は基礎的なドライオーガズムの話から、変性意識状態の話、エナジーオーガズムの話、性的指向とドライオーガズムとの関係性等多岐に渡るお話が出来ました。ちょっと脱線して個人の性的指向の話も出ました笑


特に印象に残った話を挙げます。

Aさんがドライオーガズムを知ったきっかけはウェブの放送にて堀江貴文氏がそれに言及しているのを聞いたことだと仰っていました。
我々が常々考えているのですが、ドライオーガズムの前に男性は皆平等なのです。お金、社会的地位、頭の良し悪しそんなことは何一つ関係なく、いやむしろそういった事柄を全て置いて没入できる人こそがドライオーガズム界では地位が高いのかもしれません。

Bさんは、「こんな話他では出来ないですよ。」と仰っていました。
我々がかつてそうであったように、誰にも相談できず、自分のドライ道は正しい方向に向かっているのか?という不安は誰しもが抱えていると思いますし、同じように探究する仲間がおらず心細さを感じる方も多いと思います。
そこでJDAとしてはそういったことを相談でき、気軽に話をできる「場」を提供するのも一つの目的に掲げてまいります。

今回の座談会は総じて、ざっくばらんとした、楽しい会になったと思います。これも一重に参加頂いた皆さまのお陰です。誠に有難うございました。

また今回参加できなかった方も、今後もJDAは座談会等の活動を継続してまいりますので、よろしくお願い致します。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一般社団法人日本ドライオーガズム協会(JDA)

Author:一般社団法人日本ドライオーガズム協会(JDA)
日本ドライオーガズム協会(JDA)は、日本におけるドライオーガズムの普及と発展を目的として設立された初めての学術研究団体です。 当協会は医学的な研究を基礎に、ドライオーガズムに関する技能研修などを通じて人材を育成し、ドライオーガズムの社会的な認知を広げていきます。 また、協会員のドライオーガズム達成を着実にサポートし、男性の新しい幸福追求の形を提供していきます。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。